後成塾

子どもたちは「点数」で評価される。

子どもたちはテストの点数で人から評価を受ける「結果至上主義」の中にいます。

テストの点数だけでは評価できないその子の良さがあるはずなのに、学校でも塾でも「点数」で評価されてしまうんですね。

そのため、勉強が苦手な子は「駄目」であると判断されがちです。周りから「駄目」だと決めつけられた子は、社会からつまはじきにされたような気持ちになり、ますます勉強から逃げたくなり、さらに「駄目」だと言われるようになってしまう負のループに陥ってしまいます。

でも実際は、その子たちが本当に「駄目」なわけではありません。

まだ成長過程なだけで可能性はたくさんあると私は信じてもいますし、実際に卒業生たちがその可能性を開花させていく姿もたくさん見てきました。

大手個別指導塾で教えていた経験から・・・

塾

以前、私は大手個別指導塾で指導をしていました。

少し教えるとすぐに結果が出る子がいる一方で、いくら教えても一向にできるようにならない子も数多くいました。

「その子のペースに合わせながら指導しているのに、この違いはなんだろう?」

私はその原因を必死に考えた結果、すぐに結果が出る子とそうでない子を比べた時に、結果が出ない子は字が雑だったり、学校の提出物を出していなかったりする子が多いことに気が付きました。

そして一つの仮説を立てました。

もしかしたら、「勉強習慣・生活習慣」が問題なのではないかと。

勉強面・生活面の習慣を変えれば成績が上がるのでは?

塾

「勉強面・生活面の習慣」を変えていけば、成績が上がるのではないか?と思ったものの、一般的な学習塾はテストの点数を上げるためにあるため、字をていねいに書かせたり、宿題をちゃんと提出させるような指導ができるはずもありません。

そこで私は自ら「後成塾」を開校しました。

後成塾ではテストの点数を上げるための指導だけではなく、字をていねいに書くこと、宿題をちゃんと提出することなど、その子の「勉強面・生活面の習慣」も指導していきました。

その結果、テストの点数の上がり方にはバラツキがあるものの、塾生全員の内申点が上がるということが起こりました!

今はまだ勉強が苦手な子が、どんどん良くなっていく様子を目の当たりにし、私は決意したのです。

「この指導方法をノウハウ化して、勉強が苦手な子どもたちの駆け込み寺になろう!」と。

「自律ノート®」の開発で指導方法のノウハウ化を実現

自律ノート

後成塾独自の指導方法である「勉強面・生活面の習慣」の改善による内申点アップの指導方法をノウハウ化し「自律ノート®」を開発しました。

お子さんの勉強面・生活面の習慣を改善するための教材は、学校や一般的な塾にはありませんから、後成塾の「自律ノート®」は画期的な取り組みだと言えます。

「自律ノート®」を活用することで内申点をアップさせ、あきらめていた志望校をもう一度目指し、学校を卒業して社会人になった後も活躍できる立派な人材になるための道しるべ、それが「自律ノート®︎」です。

これからの夢

桂野

後成塾を立ち上げて丸7年が経ちました。

その間、学校の先生から「今のままでは高校に行くことはできない」とさじを投げられてしまったお子さんたちが、もう一度自分の可能性を信じてあきらめずに取り組み、目標とする公立高校への合格を勝ち取る姿をたくさん見てきました。

最近では卒業生から「後成塾で頑張ったおかげで、当時は諦めていた大学受験もできるようになりました!」「後成塾で毎日勉強していたおかげで、就職試験の勉強でも踏ん張りがきき、第1志望の会社に入社できました!」というような声も聞こえ始め、後成塾の取り組みに、ますますやりがいを感じている今日この頃です。

今後もこの取り組みを続けることで、将来あるお子さんが自分の夢を諦めず、本来の力を発揮しながら、社会でも活躍できるような成長のお手伝いをしていきたいと思っています。

無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500