感情のバランスを整えるのは「楽しいコミュニケーション」

 

 

至るところで怒っている人たちがいる、と耳にします。

スーパーで、薬局で、役所で、金融機関で・・・・。気持ちはわからないわけではありません。こんな閉塞した世の中で、仕事も調整がかかり、中には仕事を休まざるを得ない人も多いかと思います。なのに、お金は変わらず出ていきますし、この先どうなるか全く見えません。

レジャー施設もお休みになり、外食しようにもお店も休業が多く、家の外に出るのにも気をつかう状況。

楽しみにしていたテレビ番組やドラマまで中止になり、テレビをつければコロナウイルスの話ばかり。

コロナウイルスは、未だかつて人類が経験したことのない未知のウイルスであるという恐怖ももちろんあります。

 

しかし私のような「毎日人と接する仕事」の人間には、コロナウイルスの猛威が、人間の喜怒哀楽の感情を「怒」と「哀」だけに偏らせてしまったように見えます。人と人が、今まで当たり前のようにとっていたコミュニケーションのスタイルがコロナウイルスによって崩れたことで、今まで当たり前だと思っていた「喜」や「楽」の感情が乏しくなってしまっているように思います。

そういう意味で言えば、子どもたちがゲームや動画に夢中になるのも、本能として正しいように思います。でも、学校からは課題が出ますし、学生である以上、こんなときこそ積み重ねて自分を磨いてほしいのも事実です。

緊急事態とはいえ、未来に向かって習慣を継続させることこそ、塾生のみんなの成長への道だと思っています。しかし、キレイゴトだけで子どもは動きません。それこそ、「喜」や「楽」の感情を毎日感じられるからこそ、習慣が継続するのです。

 

だから私は、こんなときだからこそ勉強と同じくらい大切なこととして、塾生さんのコミュニケーションの場を保証したいのです。放っておけば「怒」と「哀」だけに偏りがちな感情を、私たち“内申点アップ請負人”の指導の中で「喜」や「楽」を感じてもらうことで、感情のバランスをとってもらい、穏やかな毎日を過ごしてほしいと思っています。

元来、私は天邪鬼ですので、こんな暗い世の中だからこそ塾生さんに笑ってもらいたいと思いますし、せめて私たち“内申点アップ請負人”との会話によって楽しんでもらいたいと思って指導にあたります(時折、シュールすぎて伝わらないこともあるようですが・・・苦笑)

そして、お子さんの喜怒哀楽の感情のバランスが整えば、間接的に親御さんの感情のバランスを整えるお手伝いもすることになるのではないか、とも思っています。人は、人と人の間でしか生きられない、ということを、私は今回のコロナ禍で痛切に感じています。

 

後成塾が、オフラインでの自律指導と同じく、1人ひとりとの会話によって指導を進めることや、その会話をみんなが聞いていることには、こんな時代だからこそ価値があると思っています。

オフラインの代替品ではない、オンラインだからこそ提供できること。オフラインの熱量や臨場感に変わる「喜」や「楽」の感情の提供を、豊川市で唯一の双方向オンライン指導で行うことも、私たち“内申点アップ請負人”の使命です。

 

 

オンラインでも課題が進む!自分から毎日机に向かう!

豊川市で唯一の双方向オンライン指導で楽しく勉強できます!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500