わからない問題を教えるのは当たり前!

お子さんのモチベーションを高め

モチベーションを維持するのが

“内申点アップ請負人”の仕事です!

 

家で、保護者の方がいくら注意をしても、

机に向かうどころか、

逆に反発して勉強しなくなることが

本当によくあります。

 

 

自分の部屋に閉じこもり

カギをかけてしまったり・・・・

 

家族でとるはずの夕食の食卓に来ずに

YouTubeに夢中になったり・・・・

 

学校から帰ってすぐに

学校のジャージを着たまま

朝まで寝てしまったり・・・・

 

 

心配で心配で、つい

言いたくもないお小言

を言ってしまいますよね・・・。

(私自身も時折そうなってしまいます・・・苦笑)

 

 

親子喧嘩が絶えず、

さらに反抗期が重なって、

親御さんがお子さんを

机に向かわせることが難しい年頃です。

 

 

ただでさえ多感な時期ですから
モチベーションも乱高下します。

 

 

実は私自身も中学生時代、

机に向かう気になれなかった1人です。

 

 

机に向かえなかった過去を持つ者として

お子さんを弁護するとしたら・・・・

 

 

どれだけ勉強内容がズレていても、

まずは「集中して机に向かうこと自体」に、

大きな意味があると思っています。

 

 

内申点や点数など

「成績」という形で出てきてしまうため

気になる数字もあることも

1人の親としてよくわかります。

 

 

ただ、

集中して机に向かう習慣がない子が、

すぐに成績を上げられるはずがないのは、

机に向かわなかった私自身が一番よく知っています。

 

 

でも、

机に向かい続けなければ
成績を上げることができません。

 

 

 

そのためには、

「ちょっと勉強してもいいかな・・・」

と思ってもらえるように

かなり大袈裟に褒めるなどして

お子さんの気持ちを
前向きにしてあげる必要があります。

 

 

 

成績を上げるには「モチベーション」も大切です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内申点アップ請負人として、

成績を上げたいと思っている子たちに接するときは、

最初にまず気持ちを盛り上げることから始めます。

 

 

「モチベーション」が上がってもらわなければ、

勉強の習慣も、勉強のしかたも、
身についていかないからです。

 

 

 

必要に迫られてやる気になるのが一番ですが、

そこまで自分を客観的に見て

やる気を出せる子は少ないのも事実です。

 

 

 

だからこそ、

まずは毎日机に向かってもらえるよう、

内申点アップ請負人として

お子さんのモチベーターでありたいと思っています。