自分自身の力で、自分の能力を高めるための考え方

 

 

勉強という作業が軌道に乗ってくると、最終的に誰に聞かなくても、教科書や問題集・解答を使って、自分自身の力だけで自分の力を高めていくことができるようになります。100点満点は無理でも「90点以上は確実に狙える!」という自分を、自分の力だけで作ることができるようになるのです。

そのためには、「どうすれば自分の記憶を確かめられるのか?」「どうすれば自分が解けるかどうかを確認できるか?」「どのくらいの時間をかければ出来るようになるのか?」を知る必要があります。

そんなふうに自分自身を高める力を持っている子を、後成塾では「自律している」と呼んでいます。単に自立しているだけでなく、自分自身を高めるためにセルフコントロールができる力を高めるほうが、高校、大学、就職と進んでいったときに、本当の力になってくれる。

しかし、ちょっとお勉強のテクニックを学んだ程度では、自分自身の力を高める方法や、自律した状態を知ることはできません。

だからこそ後成塾では、月曜から金曜まで、学校の課題・宿題を進めていく中で、自分自身を高める力を育てながら、少しずつ自律してもらっているのです。

その果てしない積み重ねの上に、「内申点12からの公立高校合格メソッド」が伝わり、かつお子さん自らが実行していく力を得ていくのです。

能力開発の世界では「魚を取ってあげるよりも、魚の取り方を教える」ことを重視します。それは勉強の能力開発でも同じです。大人と子どもで伝え方が異なるのは事実ではありますが、本質は同じです。

あなたは塾という場所に「お子さんに魚を取ってくれること」を望みますか?それとも「お子さんに魚の取り方を教えること」を望みますか?

私たち“内申点アップ請負人”後成塾は「魚の取り方」を教える塾でありたいと思っていますし、ご家庭でも辛抱強く「魚の取り方」を伝え続けてあげてほしいと思っています。

 

 

「そうは言っても、うちの子にできるかしら?」

「言うことを聞いてくれないから・・・・」

そんなときは、ぜひ私にご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
無料個別カウンセリング
無料メール塾
オンライン
虎の巻
実績
講師募集
0533-85-7500
0533-85-7500