元ゲーマーが、ゲーム・動画・SNSについて断言する5つのこと

 

 

私は、今でこそ“内申点アップ請負人”であるとか、塾長であるとか、出版をするとか、キチンとした人間であるように見られることが多いです。

 

でも、今をさかのぼること30数年。

小・中学生のころは、とんでもないゲーマーでした。

 

メガネをかけているのは、勉強のしすぎなどではなく、ゲームのやりすぎです(笑)

 

 

学校から帰ると、宿題なんかそっちのけでゲーム三昧。

夕食とお風呂の時間以外は、ほとんどゲームばかりでした。

熱が39度あって学校を休んだ日も、ゲームをやるほどです。

テスト週間は部活も休みになるので「遊ぶための週間」という位置付け。

夏休みや冬休み、春休みなどの長期休暇は、宿題を提出する気持ちなんてゼロ。

部活とごはんとお風呂以外は、ほとんどゲームでした。

 

そんな元ゲーマーの私が、勉強がニガテでキライな中学生の多くがハマっているゲーム・動画・SNSについて、断言できる5つのことをお伝えします。

 

1.現実逃避には最適のツール

大量の宿題や、難しい勉強内容、将来への漠然とした不安などから目をそらして、現実逃避をしようと思ったら、ゲームや動画、SNSは最適のツールです。

でも、不安を直視して、解決しようと行動しているわけではないので、不安自体はずっと残り続けます。

だから余計にのめり込む時間が増えていきます。

 

2.学びがないわけではないが、中毒性が強い(動画やSNSも)

なんといっても「面白い」です!これだけ面白いものが手近にあるわけですから、ついつい手が伸びてしまうのは仕方ないです。

ゲームや動画、SNSの面白さに匹敵するだけの目的・目標があればいいのですが、そこまで明確な目的・目標を持てない子が多いのも事実です。

 

3.キリがいいところなんて無い

よく「キリのいいところで区切って机に向かうとか、できないんでしょうか?」とご相談されますが、そもそもキリのいいところなんてありません(苦笑)

面白いですし、現実逃避もしたいわけですから、キリのいいところを見つける気も起こりません。

 

4.上手な付き合いは、精神年齢が上がらないと無理

「ゲームをし始めるとダラダラやり続けてしまって・・・・」

「勉強をしてからゲームをするとか、ケジメをつけてやることができなくて・・・・」

そんなご相談もよくいただきます。

ただ、精神年齢が成熟してこないと、ケジメをつけて、上手にゲームや動画、SNSと付き合うというのは難しいです。

 

5.放っておいても、勉強のやる気なんて起こらない

「いつかやる気を起こしてくれるだろうと待っていましたが、ダメでした・・・・」

そうおっしゃって、後成塾にお問合せをいただけるお母さんも、たくさんいらっしゃいます。

残念ならが、やる気というのは、放っておいて勝手に起こるものではありません。

やる気というのは、行動をして、小さな成功体験を積み重ね、失敗やチャレンジをくり返しながら、育んでいくものです。

 

 

私の場合は、偶然に幸運なことがあり、重度のゲーマーではありましたが、勉強でさほど困ることがなく学生時代を終えることができました。

授業を集中して聞けばテストができてしまったこと。

そして高校時代に素晴らしい先生と巡り合い、予習の面白さとできる楽しさを知ることができたことです。

 

もしも勉強面で私にそんな幸運が訪れていなかったら・・・・と思うと、ゾッとします(苦笑)

 

なにせ、宿題も出さずにゲームばかりだったわけですから、たとえ授業を集中して聞いていたとしても、1度の授業で理解できる限界が来ていたと思います。

事実、英語や数学、理科では、中2のころから徐々に点数が下がってきていました。

 

将来のことからも目を背け続けていましたので、大人になってから本当に苦労をしました。

 

元ゲーマーの私だから分かります。

ゲームや動画、SNSに夢中な子たちには、それらから毎日距離をおく「時間」と「空間」を用意してあげれば良いのです!

 

特に、学校がある日には、ゲームや動画、SNSから距離をおくための「時間」と「空間」が必要です。

もし「時間」と「空間」がなかったら、学校の宿題も、翌日の準備も、お子さんから自主的にやることは少ないからです。

 

だから後成塾は、毎日通えて、学校の課題・宿題を使って勉強の仕方を学べて、わからない問題は何度でも質問できるというカリキュラムにしているのです。

 

後成塾に来れば、お子さんと同じように、ゲームや動画・SNSから距離を置いて、一生懸命に学校の課題・宿題に集中している仲間たちもいます!

 

もしあなたが、ゲーム中毒、動画中毒、SNS中毒のお子さんのやる気が出ずにしびれをきらしているなら、ぜひ私にご相談くださいね!

 

 

 

 

 

令和3年度の残席数

新中3(現中2)・・・・満席 追加募集1名
新中2(現中1)・・・・残り
新中1(現小6)・・・・残り
新小6(現小5)・・・・残り5名
新小5(現小4)・・・・残り5名
新小4(現小3)・・・・残り7名

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500