「歴史」を訪ね、想いを新たに!

 

 

定期テスト対策「土曜RUSH!」の翌日、

小島校長と一緒に、地元の歴史を訪ねる小旅行へ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、天保の大飢饉から藩を救いながら

蛮社の獄で幕府より罰せられ幽閉されてしまった

渡辺崋山先生のゆかりの地を訪ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幽閉されていた屋敷が復元されているところもあり、

渡辺崋山先生の生い立ちから順に

その生涯が碑として設置されていました。

 

 

中でも、渡辺崋山先生の

「八勿の訓」
「商人八訓」

には、心を動かされました。

 

 

中でも「八勿の訓」は

個人的にすごいインパクト!

 

「八勿の訓」
一.面後の情に常を忘れるなかれ

「情に流されず、冷静に対応せよ」

二.眼前の繰廻しに百年の計を忘れるなかれ

「長期計画を見失うな」

三.前面の功を期して後面の費を忘れるなかれ

「見かけの成功に囚われて無駄遣いをするな」

四.大功は緩にあり
  機会は急にありということを忘れるなかれ

「チャンスは急にくる(準備をしておけ)」

五.面は冷なるを欲し
  背は暖を欲すると云うを忘れるなかれ

「冷静な頭と熱い心を持て」

六.挙動を慎み其恒をみらるるなかれ

「行動は慎重に。心を見透かされないように」

七.人を欺かんとするものは人に欺かる
  不欺は即不欺己ということを忘れるなかれ

「人を欺こうとすれば自分も欺かれることを心得よ」

八.基立て物従う基は心の実という事を忘れるなかれ

「誠実な心でこそ物事が動くのだ。基本は誠実な心だ」

 

 

面後の情に常を忘れるなかれ情に流されず、冷静に対応せよ)

などは、特に気をつけなければ・・・(汗)

 

 

自律指導では平日毎日通ってくれる子が多いので

普通の塾よりも、どうしても生徒さんに情がわきます。

 

しかし、成績をあげるために

「心が痛い・・・・」と思いながらも

耳の痛いことも言わざるを得ないこともあります。

 

親御さんから大切なお子さんと

お月謝をお預かりしている以上、

プロの視点で耳の痛いことを伝えていく必要もあるのです。

 

 

今週は各中学で中間テストがあります。

 

情があるからこそ、

お子さんに足りないことや、その対応策を、

冷静に、客観的に、お伝えしたいと心に誓いました。

 

 

 

後成塾のプロモーション動画です!

こちらも是非ご覧ください!

 

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500