内申点「1」を無くす方法

 

 

あなたのお子さんの通知表「1」はありませんか?

そもそも、なんで「1」がつくのか?

どうやって「1」を無くすのか?

知りたくありませんか?

 

 

結論からお伝えします。

「1」は、以下の3つのいずれか、あるいはいくつかができていない場合についてしまう数字です。

提出物が出ていない(あるいは質が著しく低い)

■ 授業中の小テストの点数がすべて低い

授業態度が悪い(よそ見をしている、話を聞いていない、姿勢が悪い、など)

 

提出物小テストは、「良い」「悪い」「提出できている」「提出できていない」などが分かりやすいですよね。

客観的な指標なので、お子さん本人に改善の意思があれば、すぐにでも改善できて「1」を無くすことができます!

 

問題は、授業態度の改善です。

提出物や小テストを改善しているのに「1」が無くならないケースも、ゼロではありません。

 

提出物も小テストも改善できているのに「1」が無くならない原因

それこそが、実は授業態度なのです。

 

姿勢、目線、行動の素早さ、人の話に対する表情や笑いなどのレスポンス、声の大きさ、声のトーン、声に込められた覇気など、授業態度というのは一言で説明がしづらい「空気感」のようなものです。

 

しかも、学年が上がれば上がるほど、クセとして染み付いてしまっているので、授業態度を直すことはとても難しいです・・・・。

 

私たちは“内申点アップ請負人”として、授業態度の改善についても請け負ってはいます。

仕事ですのでお子さんに耳の痛い話はさせていただきますが、私もかつて法律をかじったことのある人間でもあり、とても気を遣います。

 

姿勢、目線、行動の素早さ、人の話に対する表情や笑いなどのレスポンス、声の大きさ、声のトーン、声に込められた覇気などについて指摘をするというのは、傷つけないように、その子自身の存在を否定することのないように、とても気を遣って話をしなければなりません。

本音を言えば、できるだけ自分で気づいて直してほしいですし、おうちでも声をかけていただきたい部分です。

 

だから今のご時世では、中学にもなると、ほとんど指摘されずに終わるようです。

クラス全体への総評という形で伝えられることはあっても、お子さんだけに向かって授業態度の指摘をしてくれることは、ほとんどありません。

 

私たち“内申点アップ請負人”が、「請負人」である大きな理由は、中学校でも指摘してくれない授業態度についても、配慮をしつつもきちんと伝える言葉を持っていることです。

特に「1」がついている子ほど、授業態度の改善に時間がかかることがほとんど。

それでも“内申点アップ請負人”として請け負った以上、絶対にあきらめません。

 

内申点「1」の改善ができる塾は豊川市では後成塾だけですし、日本全国探してもあまりないかと思います。

それは、あまりにも労力が大きすぎて、有り体に言えば「割に合わない」からです。

 

それでも、依頼があれば請け負うのが“内申点アップ請負人”のプライドです。

私たち“内申点アップ請負人”にご依頼いただければ、あなたのお子さんの「1」を無くす方法をお伝えします!

お子さんにとっては少し耳の痛いこともお伝えしなければいけないこともあります。

でも、「私の言うことなんか全然聞いてくれなくて・・・・」という場合、外部のプロとしてお子さんに耳の痛いことをお伝えし、解決策もあわせてお伝えする意義は大きいですよね!

 

お子さんの通知表から、私と一緒に「1」を無くしていきましょう!

 

 

 

 

 

現在の残席数

中3・・・・残り(「覚悟を決めてがんばる」という場合はお電話をください)
中2・・・・残り
中1・・・・残り3名
小6・・・・残り3名
小5・・・・残り6名
小4・・・・残り5名

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500