内申点アップは、勉強の習慣と「●●●●●●●●●力」がカギ!

 

 

年齢が小さいうちのほうが、習慣や技能は身につきやすいです。

「三つ子の魂百まで」と言われる通り、小さい頃に身につけたものは、一生続いていく習慣や技能にすることができます。

 

だからこそ私は、幼児教育のメソッドも、指導の参考にすることを忘れません。

幼児教育のメソッドには、習慣化や技能の習得のために、とても大切なメソッドが含まれていますので、後成塾でも形を変えて指導に活かしています。

 

中でも、「保育の5領域」の考え方は、後成塾の指導の着想を得るときに、非常に参考になりました!

 

特に、内申点アップのためには「言葉」「表現」が大きなカギを握っていますし、習慣化のためには「環境」が大きなカギとなっています。

 

習慣化を可能にする「環境」だけでもいけませんし、「言葉」「表現」だけでもいけません。

 

ニガテでキライな勉強を習慣化する「環境」の中で、授業中の発言や面接にもつながっていく「言葉」「表現」の力をも身につけていくことも全て含めて、“内申点アップ請負人”の指導なのです。

 

写真を見ていただくとお分かりになる通り、あいさつ1対1のコミュニケーションによる指導をしている場面が、指導中に数多く見られます。

これは、「言葉」「表現」のトレーニングによって内申点が上がっていくからにほかなりません。

 

よく、学校の課題をやれるようになっただけで「ペースをつかんだ」と言い出す子がいますが、非常に残念な勘違いと言わざるを得ません(汗)。

そもそも習慣として見ても、用意された「環境」の力を利用した上で課題をただやれるようになっただけ。

自分の部屋という「環境」では、まだまだ誘惑に流されてしまいます。

学力面で見ても、自分の力だけで成績を上げられる課題の使い方はマスターできていません。

それに、内申点アップのカギである「言葉」「表現」の部分をトレーニングできていないので、授業中の発言や生活ノートなどで、先生方の気持ちを「応援してあげよう!」と思っていただけるまでには至っていません。

こんな中途半端な状態では、内申点は上がっていかないのです。

 

「成績を上げたい!」と本当に思うのであれば、勉強の習慣化をしながら、「言葉」「表現」の成長にも目を配って声かけをしてあげてくださいね!

 

 

 

 

令和3年度の残席数

新中3(現中2)・・・・残り
新中2(現中1)・・・・残り
新中1(現小6)・・・・残り
新小6(現小5)・・・・残り5名
新小5(現小4)・・・・残り5名
新小4(現小3)・・・・残り8名

※ 現中3のご入塾は締め切りました。当塾のオススメする「緊急対応カリキュラム」を受講いただける場合のみ、ご入塾いただけます。

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
無料個別カウンセリング
無料メール塾
オンライン
虎の巻
実績
講師募集
0533-85-7500
0533-85-7500