withコロナの時代の勉強

 

 

学校が再開されて3日が経ちました。すでに各教科でオリエンテーションがあったり、場合によっては小テストや漢字テストが行われたりと、遅れを取り戻すための動きが始まっています。

緊急事態宣言も解除されましたが、依然、気をつけて行動をしていく必要があります。

コロナウイルスが「早く収束しないかなぁ・・・」と願うのは人情ですが、現実問題としてしばらくの間はコロナウイルスと共に生きていくような「withコロナ」の時代が続いていきます。

withコロナの時代に突入し、いろいろな業界のかたが口をそろえて言っていることがあります。

「コロナウイルスによって、本質が表に出てきている」

勉強の世界でも、学校再開で「勉強の本質」が表に出てき始めているように思います。

「勉強の本質」というのは、いろいろな要素があると思います。その中の1つに、勉強に取り組む子の1人ひとりが、「授業を受けるための準備をいかに整えるか?」という考え方があると私には思えてなりません。

学校の授業を受ける前に、自分なりにあらかじめ単語や語句を覚えたり、計算をしておいたり、本文を和訳しておいたりという勉強をし、その上で学校の授業を聞いて完全に理解するという勉強の仕方は、成績上位者の中では当たり前の行動です。

学校の授業で、初めて習うのではなく、あらかじめ知っておくのです。当然、授業より前に勉強をするわけですから、わからないことが出てきます。そのわからないことを学校の授業で解決するのです。

それを予習と言います。

withコロナの時代、「予習をしているかどうか?」という勉強の本質に気づけているかどうかで、成績は大きく変わっていきます。

私が開発し、後成塾で使っている「自律ノート」は、勉強が苦手でキライな子たちが、できるだけ短い期間で勉強の本質である予習にたどりつけるような設計になっています。

今年度は授業のスピードが速くなるのは間違いありません。予習をしておかなければ、勉強が苦手でキライな子が授業についていくのは、例年以上に難しくなっていきます。だからこそ、予習主体の勉強にシフトできるように、今から準備をしておく必要があります。

全くの受け身で、学校の先生の授業をゼロの状態で受け、「点数が上がらない」「成績が上がらない」と嘆いているような時代は、完全に終わりを告げたと思ってください。

後成塾で毎日机に向かい、事前にコツコツと学校の授業の予習をし、同時に学校の課題を進めていくスタイルを、この機会に身につけていきましょう!

 

 

オンラインでも課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
無料個別カウンセリング
無料メール塾
オンライン
虎の巻
実績
講師募集
0533-85-7500
0533-85-7500