後成塾の「勉強のテーマ」

 

 

もしも、私(桂野)が

1年後に陸上で10000mの大会で

走らなければならないとしたら?

 

トップアスリートは10000mを

28分前後で走りますが

私の場合は40分前後で走ることとしましょう。

 

 

私は、中3の夏以降、

継続してスポーツのトレーニングはしていません。

 

ちなみに体重は

トップシークレットです・・・・。

 

そんな私が1年後に

10000m走の大会に出て

少なくとも完走し、40分前後で走るには

どんなトレーニングをすればいいでしょうか?

 

 

まず私ならば

運動すること自体に慣れなければならないので

1日10分でもいいので歩く

ということからスタートします。

 

 

少し慣れてきたら

時間を延ばして、軽く走り始めます。

 

 

そしてまずは数ヶ月かけて

どれだけゆっくりでも

10000mを走り続けるようにするはずです。

 

 

まずは10000m走ることができて

初めてタイムを伸ばし始めます。

 

 

 

いきなりタイムを伸ばすようなトレーニングではなく

毎日継続することを目的としてトレーニングをするでしょう。

 

 

 

私に場合は「もし」ということでした。

 

しかし、お子さんの場合は

1年後(あるいは2年後)に

絶対に受験をしなければならないのです。

 

 

 

そんなお子さんたちをお預かりする身として

今年度、塾生のみんなに

勉強のテーマとして伝えていることがあります。

 

 

それは

青山学院大学駅伝部

のようなスタイルで勉強することです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青山学院大の選手の皆さんは

話し合いをしたわけでもないのに

強くなるためにいつの間にか

練習開始5:30

になったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

地球5.5周

するほどの圧倒的なトレーニングを積んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけの日々を重ねてきて

4年連続総合優勝

という偉業を成し遂げているのです。

 

 

受験というマラソンで結果を残すために

◎ 継続的なトレーニングをすること
◎ 自分を高める意識を育てる環境に身をおくこと
◎ 裏切らない日々を刻むこと

を伝えています。

 

 

塾生たちからは

「くどい」と思うかもしれませんが

最後に笑顔になるため

塾生がそれぞれの努力をできるよう指導します!

 

 

 

内申点アップ、大逆転合格の方法

私のメール塾で全て無料公開もしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、直接ご相談してみたい方は

ぜひ無料個別カウンセリングもお申し込みくださいね!

 

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500