点数を取る「土台」を作ろう

 

 

「私、今回、あんまり勉強できなかった・・・・」

と、成績の良い子がよく言います。

 

また、勉強がニガテでキライな子

「あんなに勉強したのに、点数が取れなかった・・・・」

と言います。

 

その違いがどうして生まれるのか?

それが、テストまでに積み上げている「土台」にあるというのを知っていますか?

 

この図を見てください。

勉強が得意な子は、テスト週間スタートの日に、100点満点のうち既に75点ほどの土台を持っています。

勉強がキライでニガテな子は、同じ日に、100点満点のうち20点ほどの土台しか持っていません。

 

勉強が得意な子が「私、今回、あんまり勉強できなかった・・・・」と言っても、土台が75点もあるのです。

いつもはそこから20点は上乗せできる勉強をしているのに、今回は10点くらいしか確実に上乗せできる自信がない。

勉強が得意な子の「私、今回、あんまり勉強できなかった・・・・」は、そんな意味です。

 

勉強がニガテでキライな子の「あんなに勉強したのに、点数が取れなかった・・・・」と言っても、残念ながら土台が20点くらいしかない状態からの積み上げ。

しかも、学習内容の難しさによって、普段は土台が20点あるのに、今回に限っては土台が10点しかない、という状況が容易に生まれます。

 

私たち“内申点アップ請負人”が、勉強がニガテでキライな子に指導する場合、勉強が得意な子でもやっていないことをやってもらうことで、現状では足りていない土台を補っていきます。

それが「毎日机に向かって、テスト1週間前に、テストの提出課題を終わらせる」ということです。

 

そして同時に、20点ほどしかない土台を少しでも上乗せするために大切なことを、普段の自律指導で伝えていきます。

1.学校の授業でできるだけ多く覚える

2.課題を進めながらできるだけ多く覚える

3.自分が何ができ何ができないのかを把握し、解決の工夫をする

 

言われたからといってすぐに土台が20点から75点になるわけではありませんが、意識をすることで少しずつ良くなっていきます。

 

勉強がニガテでキライな子の場合、中学スタート時点で良い土台を作るためには、小5には毎日机に向かうような勉強を始めると良いですね!

残念ながら中学生になって勉強がニガテでキライなままで、テストの点数が土台スレスレの20点くらいの状態でも、やり方によっては公立高校合格を目指すことができます。

たとえテストの点数が足りなくても、より良い土台を築いていく取り組みを実践することで、内申点が上がっていくからです!

 

1ヶ月後の学年末テストに向けて、少しでも土台を積み重ねていきましょう!

 

 

 

 

 

令和3年度の残席数

新中3(現中2)・・・・残り
新中2(現中1)・・・・残り
新中1(現小6)・・・・残り
新小6(現小5)・・・・残り5名
新小5(現小4)・・・・残り5名
新小4(現小3)・・・・残り7名

※ 現中3のご入塾は締め切りました。当塾のオススメする「緊急対応カリキュラム」を受講いただける場合のみ、ご入塾いただけます。

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500