お子さんはどのタイプ?声かけ次第でまだまだ成績は伸ばせます!

 

 

この記事をご覧のあなたは、「もっとお子さんの成績が上がってほしい!」と思っているでしょう。

ご家庭でお子さんに声をかけるとき、ぜひ今日お伝えする成績を上げていくためには3つの条件に照らし合わせて声をかけてあげてください!

“内申点アップ請負人”として指導の現場で私が常に気をつけている声のかけ方です。

 

 

でも、1つだけ注意が!

3つの条件すべてを、一気になんとかしようと思わないことです。

 

いろいろ言いたいことがあるのは、私も親ですのでよくわかります。しかし、求め過ぎはかえってお子さんがふてくされてしまったり、反発したりしてしまいます。

 

お子さんに今、足りていない1つだけに集中して、声をかけてあげましょう!

 

1.勉強習慣
毎日机に向かって、定期テストの課題を使って予習・復習をしているか?

2.勉強経験
点数を取るために勉強をし、実際にねらった点数を取った経験がたくさんあるか?

3.勉強内容
テスト範囲の内容や解き方が頭に入っているか?
さらに、英語や数学であれば、小学校や中1からの積み重ねがあるか?

 

内申点がオール3未満の子は、「勉強の習慣」が身についていません。経験や内容がいかに入っていなくても、まずは毎日机に向かえるように声をかけてあげてください。

どれだけ勉強の内容が入っていなくても、どれだけ不器用でも、毎日机に向かっていること自体を褒めてあげてくださいね!

 

内申点が30前後の子は、「勉強の経験」が不足しているケースが多いです。内申点がオール3、あるいはそれ以上あるのに、それ以上は伸びない場合は、テストの点数を上げていくことも視野に入れる必要があります。

その場合、手元の問題集を何度もやり直して、すべてマルにするような取り組みをすすめてあげてください。

もちろん、何度もやり直すための時間の確保にも気を配れるよう、声をかけてあげてくださいね!

 

「習慣」「経験」が整ってくれば、自然と「内容」も頭に入ってきます。

 

お子さんのテストの点数だけを見てしまうと、お母さんとしては焦ってしまいますよね(汗)

だから、下がってしまった点数をカバーするよう、「勉強の内容」を頭に入れてほしいと願ってしまいます。

 

しかし実は、「勉強の内容」を頭に入れる前に、「習慣」「経験」を身につける必要があります。

 

急がば回れ、です!

 

テストの点数も、内申点も、成績を上げたいと思ったら、ぜひ「習慣」「経験」を育ててあげるよう意識してみてくださいね!

 

 

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、
学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!
「うちの子も、机に向かってほしい!」
そんなお母さんは、まずご相談ください!

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500