生活リズムを変えたら、通知表が変わった!

 

 

小学3年で、テストの点数が50〜60点平均、お母さんから叱られまくりソファの下からお皿に載ったままカピカピになったウインナーが出てきた私の長男。

 

 

長男が今ほど叱られずに、自主的に生活リズムを整えつつ、同時に学力をも上げていけるようなやり方はないか?

 

それがどんな子の内申点も上げてしまう「自律ノート」開発のきっかけでした。

 

しかし、すぐに開発できたわけではありません。

 

夏休みの最終日、8月31日の夜9時半、長男のランドセルの底から「2学期に準備するもの(7月20日発行)」というプリントが、グチャグチャに丸まって出てくるにいたり、私も堪忍袋の緒が切れました。

 

「お前は明日から後成塾に来い。ランドセルをそのまま持ってこい」

 

勉強もどうにかしたいですが、だからこそ生活習慣・生活リズムを改善する必要を感じました。

 

直前で入院して死にかけていたこともあって、私の親としての考え方も変わったのでしょう。

 

「勉強なんかできなくてもいい。自分が死んだあとにも、長男自身の力で生き抜いてもらえるような力を、今のうちに育てておかなければ!それが結果として、学力を育てることになるに違いない!」

 

もちろん根拠はありました。

 

高校入試では古典の問題で「自分の身の回りのことをきちんとできなければ、大きなこと(国を治めることなど)はできるわけがない」という考え方が、よく出題されますし、勉強でもビジネスでも、盛んにこのような考え方を耳にするからです。

 

学校の宿題をやる以外は、「人の話の聞き方」「片付け方」「字をていねいに書く心構え」「成果を生む行動」など、勉強の10倍くらいの時間をとって、毎日指導を受けました。

 

 

そして、ちょうど1ヶ月後。

 

なんと長男のテストが100点に戻ったのです!勉強は、学校の宿題しかやっていません。

 

私がかつて勤めた塾の同僚たちが「あの子は勉強以前の問題だから・・・・」と切って捨てた部分指導することで、数字的な部分が復活したのです。

 

これはもしかしたらすごいことかもしれない!

 

長男が改めた部分を1枚の紙にまとめ、塾生のみんなにも毎日書いてもらい、意識してもらったところ、全員の内申点が上がったのです!

 

 

 

そして事の始まりの長男自身も、1学期末に29個の評価項目のなかで「B」が21個だったものが、3学期末には29個中25個で「A」をもらうことができました!

 

長男や、当時の塾生全員の内申点を上げた1枚の紙をノートにしたのが「自律ノート」なのです。

 

当時の塾生のみんなや長男のおかげで、私は確信しました。

 

「成績を上げようと思うなら、遠回りのように思えても、生活習慣・生活リズムを整えることからスタートすれば、必ず成績が上がる!」

 

実際に、中3の2学期に入塾してくれた数名を除き、全員の内申点を上げることができています。

 

入試には必ず内申点が必要です。お子さん自身が「え?そんなことが大事なの?」と思うことが、内申点アップのカギだったりします。内申点は学期ごとにしか出ないので、取り組む時期が早ければ早いだけ、効果が出ます。

 

「どうしようかな・・・・」「まだ早いかな・・・・」

とあなたが思っていらっしゃるなら、もしかすると既にお子さんの成績や生活リズムは、危険水域です。

 

まもなく7月。夏休み前に生活リズムを整えて、成績を上げていく準備をしていきましょう!

 

 

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、
学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!
「うちの子も、机に向かってほしい!」
そんなお母さんは、まずご相談ください!

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500