教育委員会から内申点の平均値の通達が出ているようです

 

 

現在の内申点の評価の仕方は「絶対評価」と言います。

あらかじめ決められた評価基準に沿って、「どれくらい達成できているか?」によって内申点が決まる仕組みです。

 

評価をする上では、1人ひとりが基準を「どれくらい達成できているか?」ということで見ていきます。

昔の「相対評価」の時代のように、内申点をつけられる割合が決まっているということはありません。

 

ですから理論上は、クラス全員が5であってもいいですし、逆にクラス全員が1でもいいのです。

 

でも、そこは忖度の国、日本。

実は教育委員会から記録に残さない要請として、例えば「今学期はクラスの内申点平均を3.117以下にするように」という指示が出ているようです。

 

例として3.117という数字を出しましたが、だいたいクラスの内申点平均が3〜3.5でおさまるように指示をされています。

 

理論どおりに5の人数を増やしたり、1の人数を増やしたりしてしまうと、入試の仕組み上、学校やクラスによって内申点の重みに差が出てしまうので、それを防ぐための要請かと思われます。

 

理論上は全員が5でいいはずの評価が、実は昔と同じように、クラス全体の内申点の配分は、5と1が少なく、3がいちばん多いという配分になっています。

 

例えば豊川市では、この写真のような帳票に、それぞれの学校で年度ごとにまとめて、3月上旬に教育委員会に提出しています。

 

後成塾に来れば、各中学校のデータの入った帳票をご覧いただくことができます。

市内の中学のうち、南部中と代田中は1が多い傾向だったり、東部中は3が多い代わりに、なかなか4や5になれない傾向があったりします。

 

それぞれの学校の内申点の付け方の特徴を知ることで、お子さんの内申点もより上がりやすくなります!

いろいろな情報をもとに、お子さんに合った内申点戦略を立てて、おうちでも声をかけてあげてくださいね!

 

 

 

 

 

令和3年度の残席数

新中3(現中2)・・・・残り
新中2(現中1)・・・・残り
新中1(現小6)・・・・残り
新小6(現小5)・・・・残り5名
新小5(現小4)・・・・残り5名
新小4(現小3)・・・・残り8名

※ 現中3のご入塾は締め切りました。当塾のオススメする「緊急対応カリキュラム」を受講いただける場合のみ、ご入塾いただけます。

 

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

 

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

↓↓↓ 後成塾オンライン校の詳細はコチラ ↓↓↓

 

 

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

新年度生募集
オンライン
無料個別カウンセリング
無料メール塾
0533-85-7500
0533-85-7500