昨日の合格発表、後成塾10期生は・・・・

 

 

昨日は愛知県公立高校入試合格発表日でした!

 

今年度の10期生たちの結果は・・・・

 

全員合格でした

 

現場に来てご報告してくれた子たちのうち、写真を残せた子たちと喜びのショットです!

 

お電話でのご報告をいただいたみんなも、ありがとうございました!

 

毎年のことで慣れている部分もありますが、同時に毎年のことだからこそ「今年は厳しいかも・・・・」「あの子は大丈夫だろうか・・・・?」と思うことが増え、トータルで見ればやっぱりいつまで経ってもドキドキします(苦笑)

 

 

10期生たちのがんばりを思い出すと、今年の公立高校入試A日程の古典の問題の一節が思い起こされます。

 

「此に誠ある者は、彼に刑(あら)はる」

(こちらが誠実であれば、遠いところで人にその誠実さが表れる)

 

内申点というのは、学校の先生が付けています。

機械ではなく、人が付けているのです。

こちらが最大限の誠実さで、やるべきことをやっているのであれば、必ず内申点に表れます。

 

これは、人生全般にも言えることかと思います。

 

10期生のみんなも、日々の学校生活で理不尽なことや努力が報われなかったことへの悔しさや憤りを感じたことは、1度や2度ではなかったはず。

決して勉強が好きでも得意でもない子たちが、それでも最大限の誠実さを忘れずに、前を向いて努力を続けたからこそ、つかみ取れた合格でした。

 

 

今年の公立高校入試B日程の古典の問題の一節「俗にいえる脇目百目なれば、人のした事、過ぎ去りし事を、跡からその評判をつけ、立ちかへつて思案をめぐらし見れば、格別によき分別も出づるものなり」とあります。

 

外から見て、あるいは後から見て、「もっとこうすればいいのに」と言うのはカンタンです。

でも、勉強がニガテでキライな子たちに本当に必要なことは、そんな概論ではありません。

 

ともに悩み、常に全力で相手をし、なりふり構わずに共に歩み続ける伴走者が必要なのです。

だから私たちは毎日通えるカリキュラムでやっていますし、毎日多くの言葉をかわし続けます。

 

めげずに、腐らずに、あきらめずに、毎日後成塾で努力をし続けてくれたからこそ、最後に笑顔になれる。

そういう場所が後成塾であり、そういう努力に伴走し続けるのが“内申点アップ請負人”です。

 

入試というのは、5教科の総合点であり、メンタルの強さも含めた成長も必要です。

私たちがそう伝えていても、途中であきらめてしまったり、くじけてしまったり、「この程度のことなら自分でもできる」と油断をしてしまったりする子がいないわけではありません。

 

だからこそ、後成塾を卒業した子たちのことは、本当に誇りに思います。

「これから先の人生で、どんな難局が訪れても、しなやかに乗り越えていってくれる!」

自信を持って言い切ることのできる、自慢の子たちです。

 

この子たちは、後成塾の名前の由来である“後”に大きな人間に“成”る」ということを体現してくれている。

そう思うだけで、私は胸が熱くなります。

 

10期生のみんな、本当にがんばってくれたね!

合格おめでとうございます!

 

4月からの高校生活も、後成塾でやっていてくれたように、毎日コツコツがんばってくださいね!

 

 

 

 

来年度(令和4年度)の残席数

新中3 ・・・・ 満席増枠!満席残り2名!
新中2 ・・・・ 満席増枠!満席残り1名!
中1 ・・・・ 残り5名
新小6 ・・・・ 残り5名
新小5 ・・・・ 残り5名
新小4 ・・・・ 残り6名

 

内申点アップ情報を毎日無料で配信!
ご登録コチラから!
↓↓↓

 

 

双方向オンライン指導でも、対面指導でも、

学校の課題が進む!自分から毎日机に向かう!

「うちの子も、机に向かってほしい!」

そんなお母さんは、まずご相談ください!

 

↓↓  このボタンを押してください! ↓↓
↓↓ (メールアドレスの入力間違いにご注意くださいね!) ↓↓
オンラインをご希望の方は、その旨をご記入ください!

 

 

 

後成塾塾長 桂野智也の書籍、全国書店にて絶賛発売中

発売後4ヶ月半1万部突破(3刷)

第2弾書籍、令和4年7月上旬に発売決定!

Amazon「中学生の高校受験」カテゴリでベストセラー1位!(2021/6/17調べ)

三省堂書店 名古屋本店さん 学習参考書ランキング1位!(2021/6/24調べ)

らくだ書店 本店さん 新刊ランキング1位!(2021/6/24調べ)

読売新聞 愛知県版 週間ベストセラー総合1位(2021/6/11〜17)

『ダイヤモンドオンライン』掲載!

(記事はコチラ → 高校受験は「内申点アップ」が9割!親が誤解している常識と対策

『週刊ダイヤモンド』2021年7月31日号 ブックレビューに書評掲載!

『東洋経済オンライン』掲載!

(記事はコチラ → 字が汚い子どもほど「先生の印象が悪い」納得理由

 

『高校受験は「内申点アップ」が9割』(青春出版社)

Amazonからも注文ができます! → ご注文フォーム

 

 

私の想いを語らせていただいた動画も、是非ご覧ください!

テスト対策
無料個別カウンセリング
無料メール塾
オンライン
虎の巻
実績
講師募集
0533-85-7500
0533-85-7500